あなたに笑顔でいてほしいから。

新着記事

そのままにしない

顔をしかめる男性

ストレスはそのままにしないことが大事です。ストレスをそのまま放置してしまうと適応障害やその発展形であるうつ病になってしまう恐れがあります。ストレスに思ってしまうことは人それぞれ違うので、注意が必要です。

More...

症状を引き起こす要因

考えこむ人形

適応障害を発症する人は同じ環境に置かれたとしても発症しない人もいるので、それぞれの精神状態の影響が大きいといえます。また、家族や周囲の人からのサポート不足が症状を引き起こすこともあります。

More...

特集記事

代表的な症状を確認

がんじがらめのイメージ

いろんな病気の症状について知っておくのはとても大事なことです。病気の症状にスムーズに気づくことができれば、適応障害の治療もすぐにできます。精神的な疾患は性格や詐病とも混合されがちなので注意しましょう。

More...

会社でできる対策

男性医師と女性医師

社会的にも大きな問題となっている精神疾患なので、ストレスを防ぐことで防げる適応障害ならそれに会社ぐるみで対策しましょう。ストレスチェックなどを定期的に行なっている会社も多くなっています。

More...

確実に治療していく

サムズアップする医師

ストレスに対する耐性が弱いままストレスを回避してしまうとまた適応障害を再発してしまうこともあります。確実に対策するためにはゆっくりと治療を進めていく必要があります。

More...

うまくいかないこと

握手を求める医師

もしストレスを感じているのであれば、きちんとそれに対策すべきです。向き合わないまま放置してしまうことで、精神的なストレスが思わぬ場所で顔を出すことがあります。ストレスがかかってしまった結果、適応障害やうつ病などを引き起こすことは最近ではよく見受けられることになりました。昔は今ほど精神医学が発達していなかったので気づかれることすらありませんでしたが、確実にそういった人は存在していたはずです。適応障害はうつ症状や不安症状、身体症状を引き起こすもので、問題行動を引き起こすこともあります。仕事や家庭生活を築く上で頻繁に喧嘩をしてしまったり問題を抱えてしまえばうまく生活が運ぶはずもありません。その原因としてストレスから受けた精神的ショックがあるのでこれに向き合うことが大事なのです。

適応障害を治療してくれる分野には精神医学が関わっています。最近ではメンタルヘルスクリニックとして精神科と心療内科、神経内科が合わさって運営されている場所も多く、より治療が受けやすくなっています。心療内科では心と密接に関わる身体症状について治療ができるようになっていますし、精神科に対するイメージも改善し敷居が低くなってきています。適応障害は精神科の分野ではありますが、検査機器がしっかり整えられているクリニックでは脳の血流などを調べて診断を正確にしやすくなっています。適応障害はうつ病に発展することも多いので、自分の状態をしっかりと把握するためには検査を行なうことが必要です。

精神療法や服薬で精神疾患の治療は行なわれることになります。身体症状については内科の薬を処方されることで対策できますが、大事なのは根本的な解決をすることです。適応障害において根本的な要因となるのが、ストレスとそのストレスの受け止め方です。ストレスを除去することはとても大切なことですが、受け止め方に未熟な点があればまた問題が再発してしまうこともあります。しっかりと治療するためには周囲のサポートも大切です。特に適応障害は周囲のサポートが無かったことから発症するものでもあります。会社や家族で対策し、健康的な生活を築きましょう。